千里中央駅から徒歩ですぐ!あなたの婚活を全力応援。
営業時間10:00~19:00 火曜・水曜定休日
日本結婚相談所連盟加盟 59,000名の会員をご紹介可能
(2018年2月時点 IBJ登録会員数)

ブログはこちら

もうすぐバレンタインデー

ハートのプレゼント ちょっと気になるワードを新聞紙面やネットニュースで見かけました。かの有名な「ゴディバ」のチョコレートの広告です。「日本は、義理チョコをやめよう。」の大きな見出しです。ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、賛否両論あるようですね。でもね、よく読むと、あくまでも義理は止めようであって、気持ちを伝えることは大切なことであり、そのためのチョコであってほしいということを伝えたいようですね。
では、実際に皆様はどう思っているのかというと、女性は以外と社内や友人にチョコを渡すことを「義理チョコ」と言いながらも「お世話になってます」的な日頃の感謝の気持ちを伝える手段と思って渡されてる方が多いようで、男性も義理チョコと言われて渡されても、それはそれで嬉しいと思ってる方がほとんどのようです。
日本は何といっても忖度社会ですから、「義理チョコ」はそういった日本社会にすんなりと受け入れられて、根付いたのでしょうね。(笑)
バレンタインデーではなかったのですが、会員さんの中で初めてのデートの時に女性の方がチョコを片手にやって来られて、プレゼントしてくれたそうです。彼は彼女の為に一生懸命気に入りそうなレストランを探して、予約して、彼女の喜ぶ顔を見たくて頑張ったそうです。で、彼女はそれに応えるようにありがとうの気持ちをチョコに込めて渡したんでしょうね。もちろんデートは大成功です。
プレゼントって言うのはそんなに高価でなくても気持ちが伝わるものであれば相手は喜んでくれるものです。渡すタイミングも大事ですよね。言葉で気持ちを伝えることが苦手な方は、効果的にプレゼントを使ってみるのもいいかもしれませんね。
さて、あなたは「今年のバレンタインチョコ」どうしますか?